企画局Ⅰ課

Ⅰ課局長あいさつ

 企画局Ⅰ課は、鳳祭を彩るための装飾物を制作している局です。
キャラコ、BB、ポール、ゲーム板、オーナメントという五つの部署があります。各部署1年生が中心となり、デザイン検討から作品の制作まで行います。半年間という期間をもって制作活動にあたるため、どの作品も大掛かりで華やかなものとなっています。
鳳祭へご来場の際には、ぜひ足を止めてわたしたちの作品を見ていただけると嬉しいです。

創立138年専修大学鳳祭実行委員会
企画局一課局長 清水洋輝

キャラコ

 キャラコとは、非常に大きな布に絵を描き校舎の外にかけて飾る、鳳祭における最大の装飾物です。 大きさは教室4つ分建物2階分にもおよびます。その大きさと華やかさで鳳祭を鮮やかに彩り楽しい雰囲気に盛り上げる、鳳祭の顔ともいえる作品です。
その他に、鳳祭にご来場いただいたお客様を歓迎する流旗も制作します。

BB

 BBとは、鳳祭で様々なイベントに使うステージの背景を飾るバックボードのことです。デザインを検討から木材の切り出しと組み立て、絵の下書き、ペンキを使った仕上げまで、全ての工程を1年生を中心として行います。
他にも10号館に飾る流旗など、全部で4つの作品を作ります。手がける作品が一番多い部署です。

 

ポール

鳳祭へご来場いただいたお客様をお迎えするために、10号館出入口に設置する入場門を制作する部署です。1年生を中心に、その年の鳳祭メインテーマに基づいたデザインの検討を行い、さらに門の設計、木材の切り出しから組み立て、仕上げの塗装まで、全て自分たちの手で行います。

 

ゲーム板

ゲーム板とは、鳳祭開催期間中にお客様に楽しんでいただく手作りのゲームのことです。1年生の自由な発想に基づいて、「老若男女だれでも簡単に楽しめるゲーム」をコンセプトに一からゲームの内容を検討し、設計、制作を行います。毎年景品も多数用意しておりますので、鳳祭にご来場の際にはぜひ遊びに来てみてください。

 

オーナメント

 企画局Ⅰ課の中でも、神田キャンパスの学生からなる部署です。神田鳳祭と生田鳳祭の両日程で作品を飾ります。神田鳳祭のメインステージに飾るバックボートを始め、1年生の自由なアイデアをいかして作るオブジェ、神田キャンパスと生田キャンパス双方を彩る流旗を制作します。

 

このページの先頭へ